スタディサプリの英語で先取り学習開始!小学生に効果がある使い方は?

  f:id:machikonosetuyaku:20200217125559j:image
スタディサプリの英語を使って小学生の上の子が先取り学習を始めました。

 

小学校高学年のお子さんがいると、もうすぐ小学校でも英語の授業が始まるけれど、うちの子付いていけるかな?

小学校の英語ならまだ大丈夫だけど、中学で文法が出てきたらしっかり点数が取れるか心配だな・・・

と感じている方いませんか?

 

最近の小学生は英語会話教室に通っている子が多いですよね。うちの子供たちも教室には通っていませんが、自宅で英語学習をしています。

 

でも、子供たち単語・英文は読めても文法はいまいち分かっていません。かけ流しや音読のみでは中学英語は乗り越えられないだろうと思い、スタディサプリの英語を使って先取り学習をスタートさせました。

 

小学生でもスタディサプリで英語の勉強ができるの?

 

スタディサプリというと中高生用のイメージが強いですが、小学生講座も充実しています。

小4の上の子は小学生講座を使って算数の先取りをしています。 

  

しかし、小学生講座には英語の授業はありません。

 

小学生がスタディサプリを使って中学英語を勉強したい場合は、 学年を変更して受講しましょう!

f:id:machikonosetuyaku:20200217123617j:plain


パソコンの場合は、講座一覧の学年を「中学1年生」にします。

 

f:id:machikonosetuyaku:20200217123654j:plain

 

英語8講座→中1英語(基礎)を選びます。

 

f:id:machikonosetuyaku:20200217123821p:plain



応用や中学教科書に対応した講座がたくさんありますが、小学生が使うなら「中1英語(基礎)」が一番いいと思います。

 

スタディサプリを使った英語の先取り方法

 

上の子の英語の先取り学習は、以下のように進めることにしました。

 

中1英語は問題集→分からないところだけスタディサプリを見る

 

スタディサプリって分かりやすくていいものですが、最初から最後まで全部見ていると効率が悪くなってしまいます。

中語1英語は英検5級の内容と被るので、一度問題集を解いてみてあやふやなところだけスタディサプリを見ることにしました。

 

使う問題集は学研ニューコース です。

 

中1英語〔新装版〕 (学研ニューコース) [ 学研プラス ]

 


f:id:machikonosetuyaku:20200217124741j:image
「テストに出る!!重要ポイント」に簡単な説明が載っているので、ここを子供に読んでもらいます。この時点でいまいち分かっていなかったらすぐスタディサプリの授業へ。

分かっている場合は、基礎チェック問題を解きます。(繰り返し解くためコピーしています)間違えた所は問題にチェックを入れて説明。それでも分からなかったらスタディサプリを見ることにしています。

 

文法って1度でやっただけではできるようにならないので、ニューコースで基礎問題だけ通しでやってみて、その後に実力完成問題を進めようかなと思っています。

問題集も1つでは足らないので、子供の様子を見て足していくつもりです。

 

中2英語はスタディサプリ→問題集

 

中1の内容が終わったら次は中2の内容へ。

ここからはスタディサプリの英語視聴→問題集に変えてきます。

 

1講義は約4チャプチャー(1チャプターは10~15分ぐらい)。全部で24講義あります。

今のところ、

・週4~5日視聴

・1回2チャプター

・1単元が終わったら問題集で理解できているか確認

という方法で進めていく予定です。これだと5か月ぐらいで終わるので、秋の英検に間に合うかな?

 

倍速機能を使って効率よく勉強する

 

スタディサプリのデメリットって、先ほども書いたように「視聴するのに時間がかかる」ことです。

「先生の話ゆっくりだな~」と感じる場合は倍速機能を使うと効率良く勉強ができます!

 

<倍速機能の使い方>

 

f:id:machikonosetuyaku:20200217125110j:plain

パソコンの場合は歯車マークを押します。

 

f:id:machikonosetuyaku:20200217125153p:plain

speedは1xになっているので、1.25xまたは1.5xにします。

 

f:id:machikonosetuyaku:20200217125242p:plain

話すのがゆっくりな先生は1.5xぐらい、逆に元々早口な先生は1.25xぐらいがいいと思います。

上の子は、英語:1.25x、算数:1.5xで聞いています。

倍速は時間が短縮できるのも良い所ですが、真剣に聞かないと分からなくなってしまうので子供がすごく集中して勉強するようになりました。

なのでお子さんに合った速度にすると効果が高いと思います。

 

まとめ

 

小学生に英語の文法を教えるのは難しいと思っていましたが、高学年ならなんとかなりそうです。でも私のように、親が教えるのはちょっと大変だな。喧嘩になりそうだな・・・と思う方もいますよね。

そんな時は、説明はスタディサプリで聞いて分からない時だけ教えるというやり方だとスムーズにいくかもしれません。

せっかく登録したスタディサプリ、上手に使って子供の成績をアップさせたいですね!

良かったら参考にしてみて下さい。

 

>

<4/5(日)まで 新4・5・6年対象>

14間無料体験のところ→1か月間無料!!

中学生講座はキャッシュバックあり。

テキスト冊子ももらえるので興味のある方お試し下さい。キャンペーンコードはこちらにあります。