小学生のオンライン英会話。挫折しそうになった・・・その後。

こんにちは。今日も「まちこの節約日記」にお越し下さり、ありがとうございます。

この前、子供たちのオンライン英会話の記事で、 

www.machikonoie.com

続けるのが難しくなってきた・・・と書いていました。

今日はその後のお話です。 

 

小学生のオンライン英会話。挫折しそうになった・・・その後。

 

今年の2月からはじめたオンライン英会話、前の記事に書いたように大好きだったB先生の予約が取れなくなって、子供たちのモチベーションが下がってしまいました。

その後、上の子が試していたD先生で2人ともペースを落としてレッスンをしていました。

 

そんな感じで様子を見ていたのですが、あるきっかけで子供たちの気分が上がってきたのです!!

 

なぜかというと、レッスンの時に「ドレスアップゲーム」を入れてもらえたからです。

 


                f:id:machikonosetuyaku:20190712141517j:image

ドレスアップゲームは、かわいい女の子にドレスを着せるゲームなんですけど、元々、B先生の時にはこのゲームをやってもらっていたんです。でも、D先生のレッスンにはなかったんですよね。(たぶん、数回しか受けていないから様子を見ていた)

子供たちも「ゲームがない」とぶつぶつ言っていたのでそれも原因かな?と思っていましたが、それよりもB先生じゃないっていうことが重要なのかと母は思っていたんです。

でも、ドレスアップゲームを入れてもらったら、

 

「D先生で続けてもいいよ」

 

と上の子が言うではないですか!?

 

そんな単純な理由なのね!!

 

あんなにも「せっかく始めたのにやめなくちゃいけないのかなぁ」と悩んだのに、こんな単純なことでやる気が出るなら、最初から先生にリクエストすれば良かったよ。

 

結局、上の子からOKがもらえたのでそのまま継続することにしました。思っていたよりも早く落ち着いてほっとしています。

 

小学生のオンライン英会話、挫折しそうになったらペースを落とす

 

今回、子供たちの様子を見ていて感じたのは、「子供ってやはり大人よりも単純で柔軟だ」ということです。

やりたくない原因が複数あったとしても、1個その原因を取り除いてあげれば何とか続けられるのだと。

でも、嫌な時に無理強いして同じように続けると「英語は嫌だ!!」となってしまうので、時にはペースを落として様子を見るのも大切だなと感じました。

 

オンライン英会話は相性も大切だけど慣れも必要

 

結局、子供たちのやる気が戻ったきっかけは「ドレスアップゲーム」を入れてもらうことだったんですけど、本当は緩くやっている間にD先生に慣れたんだと思います。

この時はこうやって答えればいいとか先生の雰囲気とか、何となくつかめてきたのでしょう。

先生との相性も大切ですが、子供が先生に慣れることも重要です。先生だって、英語が話せない初対面の日本人と最初から良いペースでレッスンはできませんよね。

だから、なるべく同じ先生でレッスンを続けていく必要があります。

 

今後、挫折しそうになることもあると思いますが、今回のようにちょっとしたきっかけで英語に対するモチベーションが上がることもあります。母は特別なことはできませんが、子供たちが続けられるように見守りたいです。