習い事の送迎に疲れてしまったら?こんな方法で負担を減らせます!

  f:id:machikonosetuyaku:20200117125710j:plain

子供が習い事を始めた時に、意外と疲れるのは送迎ではないでしょうか?

子供が1人ならまだいいですが、2人・3人ともなれば下の子を送っていって1時間後にピックアップ、今度は上の子を別の習い事へ送っていって・・・と1日に何回も送迎をしなくてはいけない時もあります。

 

習い事によっては、試合で遠方まで行くこともありますよね。私は車の運転が苦手でなので「習い事の送迎」は苦痛でしかありませんでした。

なんとかして、送迎の負担が減らせるように工夫しました。そこで、習い事の送迎に疲れてしまった時にやってほしい、負担を減らす方法を書いてみようと思います。

 

習い事の送迎に疲れたら、こんな方法で負担を減らしましょう!

 

子供が頑張っている習い事。親だったら応援してあげたいですよね。でも車の運転は苦手、下の子を連れて行くのは辛い、1日に何回も送迎するのは大変だと感じる人もいるでしょう。

そんな人に負担を減らす方法を紹介します!

 

1.習い事は家の近くにする

 

これから習い事を始める場合は、家の近くに習い事がないか探してみましょう。

一度始めてしまうと、子供は教室を変えるのを嫌がります。将来的に一人でも歩いていけるものを選ぶと親の負担はぐっと減ります。

 

運動系は難しいですが、公文・学研・塾・習字教室・そろばんなどは近所で選ぶと後が楽です。

 

2.スクールバスがある習い事を選ぶ

 

スイミングなどはスクールバスがある所が多いですよね。小学生以上なら利用するといいでしょう。

 

3.英語はオンライン英会話などを利用する

 

最近人気の英会話教室。子供たちにも通わせみようと思ったことがあります。しかし、英会話教室は子供一人では通えない場所にあり、かつ駐車場が狭い。

上の子と下の子ではクラスも違ってしまうので、送迎の手間が2倍になってしまいます。

そんな時に出会ったがオンライン英会話です。

スカイプを使ってフィリピン人の先生とレッスンをしています。マンツーマンなので発話も多く、英会話教室に通わせるよりもリーズナブル。

雨の日も下の子が風邪の時も送迎の心配はいりません。手間だけでなく送迎の時間も節約できます。 

www.machikonoie.com

 

4.勉強は通信教育・映像教材を使う

 

小学校高学年~中学になると塾に行き始める子も多くなってきます。

でも田舎に住んでいると近くに塾がなくて困ることってありますよね。あっても子供に合うとは限りません。

それも塾の開始時刻は遅いので、兄弟がいる家庭は夕食やお風呂の時間を気にしなければいけません。

そんな時に役に立つのが、通信教育や映像教材です。塾に行かなくても家で勉強できるのです。

 

上の子はスタディサプリを使って勉強しています。月額 980円で神授業が聞き放題です。

www.machikonoie.com

 

通信教育ならZ会がおすすめです。

 

 

中学も塾なしでいくなら、小学校からZ会に取り組んでいると一番力がつくと思います。

家で勉強する習慣が付いていれば、塾の費用も送迎の負担もなくなります。

 

まとめ

 

習い事の送迎に疲れた時の負担を減らす方法を紹介しました。

お子さんのサポートは送迎だけはありません。苦手なことや疲れてしまうことは工夫して改善しましょう。ストレスを溜めず、笑顔で子供を応援できるのが一番ですね!