「持たない暮らし」の人ほど持たなければいけない物。緊急事態に備える。

こんにちは。今日も「まちこの節約日記」にお越し下さり、ありがとうございます。

さて、9月1日は防災の日ですね。

防災の日が近づくと、学校や自治体でも防災訓練を行うことが多いですね。

我が家も今年は地区の防災訓練に参加してきました。

自治体によって行う内容が違うと思いますが、我が家の地区はかなり内容の濃い

訓練で私なりに考えさせられることが多かったです。

 

そこで訓練にも参加してきたので、少し早いですが我が家の非常食や災害対策に

ついてもう一度考えることにしました。

 

持たない暮らしの人こそ非常食はしっかり持っていた方が良い

 

私は物が多いのが嫌いなので、必要でないものはすぐに捨ててしまいます。

食料品も週に2回買い出しに行き、次の買い物までには冷蔵庫を空にする。

カップラーメンや冷凍食品など保存がきく物もほとんど置いていません。

(食べたい時に買い、ストックしない)

 

そのような生活をしていると、いざ災害があった時に食べられる物が何もないので、私は日常で使う食糧と非常食は別にして確保しています。

よく、賞味期限の長い通常の食べ物(レトルトカレーカップ麺など)を非常食としてストックし、賞味期限がきたら食べて新しいものを買うという方法もありますが、我が家は管理が面倒なので災害用の非常食をまとめて買い保存してします。

 

我が家の非常食

 

こんな感じで大きな旅行かばんに入れています。

 

 
           f:id:machikonosetuyaku:20170829113352j:image

 

 

 

中身はこれだけ。

 

          f:id:machikonosetuyaku:20170829113342j:image

 

 
          f:id:machikonosetuyaku:20170829113329j:image

 

この他に水、カセットコンロ、スリッパ、ラップ、アルミシートなども別で保存しています

 

写真の非常食は、7日分(1人用)で5年保存です。

最低1人3日分は必要なのですが、夫は災害があった時は家にいない可能性が高い、買った当時は子供がそこまで食べなかったのでこの量を用意しましたが、そろそろもう少し買い足した方がいいかもしれないと感じました。

 

あと、前回非常食の賞味期限がきて食べた時は、アルファ米はあんまりおいしくなかったので、今回はパスタやおかず系を増やしてみました。

 

物を持たない暮らしはすっきりしていいですが、災害用の物はしっかり用意しておかなければいけないですね。

 

そして非常食だけでなく、家具の転倒防止・災害時の避難方法・連絡方法など子供たちと一緒に話し合いたいと思います。