家計管理が苦手な人こそ家計簿をつけるべし!!レシートが溜まってしまって反省中。

こんにちは。今日も「まちこの節約日記」にお越し下さり、ありがとうございます。 

今月、あることをずっとざぼってしまいました。

 

家計簿をつけ忘れていたら・・・レシートが山になってしまった

  

     f:id:machikonosetuyaku:20170616133321j:plain

今月、家計簿を全く付けていなかったら、レシートが山盛りになってしまいました。

もうここまでくると家計簿なんてやってられるか~!と、

この山を更に一日放置。

その間、もう家計簿付けるのやめようかな、やっぱりつけなければ・・・を繰り返し、やっと今日重い腰を上げて取りかかりました。

 

家計管理が苦手な人こそ家計簿をつけた方が良い

 

忙しいとレシートの処理を忘れてしまう人いませんか?

私は、一週間に一度処理するのが丁度いいけれど、バタバタしているとこんなことになってしまいます。

特に今回は買い物が多すぎて、既に赤字であることがなんとなく分かるので余計にやりたくない!

 

でも、例え赤字確定でも、使った金額だけは家計簿に載せるようにしています。

(細かい項目はなし、○月○日○○円と記載。レシートを見ながら何が多かったかだけ確認)

1ヶ月家計簿を付けないと、次の月もやらなくてもいいかぁ~となってしまうので、簡単に支出だけ付けることに。

家計簿なしでも、毎月支出を把握し、貯金ができる人はokですが、何にお金を使っているか分からない人、年間どのぐらい支出があり、どのぐらい貯金ができるのか分からない人は、簡単でいいので家計簿を付けた方がいいでしょう。

 

続けることで、どのぐらい無駄があるのか、また1年間の支出額・時期が分かり、計画的にお金を使うことができるようになります。

また、我が家のように収入が減った時、または他の固定費などが増えた時に、支出の見直し・検討が簡単にできます。

 

家計簿を続けるポイントは、いろんな家計簿を試してみて自分に合ったやり方にすること!!

あと、上手くいかない月があってもいいや~と、緩い気持ちで取り組むことでしょうか。

 

私はあまりにも緩すぎて、今月使途不明金がなんと10,000円!!

これから原因を探したいと思います。