子供の通知表。差ができ始めるのは小学校3年生。

             f:id:machikonosetuyaku:20170531075513j:plain


先日、上の子の小学校で終業式があり3学期の通知表を持ち帰ってきました。

通知表の内容ってみなさんよく見ますか?

私は結構じっくり見ます。

何故ならば、小学校の通知表の内容も意外と侮れないと思っているからです。

我が家は、地方に住んでいて中学受験とは無縁の地域。子供も受験する気がありません。

そうすると、公立中学校の内申点からは逃げることはできないのです。

 

中学校の内申点、中学に入ってから意識しはじめても遅すぎる

 

公立中学校の内申点は、高校受験する時に非常に重要になってきます。

我が家が住んでいる地域だと、内申点はかなりの割合をしめるので、当日テストの点数が悪くても、内申点のある子は助かることがあります。

逆に、低い子は当日の点数次第では危なくなります。

そんな内申点、中学生やそのお母さんと話す機会がありますが、

内申点が悪くて困っている」

「テストの点数は悪くないのに、内申がなくて先生から志望校を下げるように言われる」

「どうしたら内申が上がるんだろう」

という言葉をよく聞きます。特に男の子が多いですね。

 

そういう言葉を聞く度に、「気づくのが遅いのでは・・・」と思うのです。

中学校の内申点は、中学校に入ってから意識しはじめても遅すぎます。

 

中学で内申点の良い子は、小学校5~6年生の通知表の内容が良い子

 

中学校で高い内申点が取れる子は、1~3年通してほぼ同じです。

大きく人が入れ替わるなんてことはありません。

もちろん、途中でテストの点数を上げると共に内申が上がってくることもありますが、中一でオール3・合計27の子が、40以上になることはまれです。

40ぐらいの子が、3年間かけて45に近づくように努力します。それでも、上がるのは3ぐらいです。

オール3から頑張って内申を上げようと思っても、5上がればいいところでしょうか。

では、中一で内申点が取れる子ってどんな子かというと、小学校5~6年生の通知表の内容が良い子です。

すなわち、中学校のテストの点数も内申点も小学校からの積み重ねだということなのです。

 

差ができはじめるのは小学校3~4年生から

 

では、いつから差ができはじめるのでしょうか?

個人的には、抽象的な概念が出てくる小学校3年生あたりからではないかと思います。

学習面が難しくなると共に、子供自身の精神面もぐっと成長してくる時期です。

この時期に、学習の取りこぼしがなく・学校生活で必要なことが当たり前にできるようになっているかが分かれ道になると思います。

 

当たり前にできるようになることは過去記事をどうぞ↓

www.machikonoie.com

 出来る子は、この7項目がしっかり身についています。

 

2年生の振り返り。3年生で頑張ってほしいこと

 

上の子は、ちょっと注意力散漫というか多動っぽいところがあるので、1年生の時は忘れ物・失くし物・人の話を聞かない・車にひかれそうになる・自転車にはひかれる(←えっ?)と心配なことばかりでした。

テストも何故こんな間違いをするのかな?ということが多く、点数も不安定でした。

でも、2年生になって指導力のある先生に教えてもらったおかげか、非常に成長を感じた1年でした。

正直、上に書いている7項目はできていないことの方が多く、通知表の内容も2学期と変わらずなんですけどね。

2年生になってからは、前よりも人の話が聞けるようになったし、挙手発言もたくさんしていたので、良かった所をまず伝えその後に3年生で伸ばす所を話しました。

 

3年生では、あとA(A・B・C評価)を3つぐらい増やしてほしいところ。

上の子は運動が苦手で足を引っ張ってしまうんですよ。でも、意欲・関心は本人のやる気次第でなんとかなりそうなのにな。

あとは、どうしてもテストで詰めの甘い所があるのでしっかり点数が取れるように。

 

上の子は幼い方なので、中学の内申点は苦労するだろうなと今から思っています。

でも、通知表の内容やテストの点数が全てではありません。ただの通過点です。

苦労しないように早めに手を打ちたい気持ちもありますが、過度にプレッシャーをかけず、大学受験~社会人ぐらいで花を咲かせられるように見守りたいです。

 

 

参考にしているテーマです

◇まずは、種まき~子供の習い事~

子供を賢くする方法

◇小学生&幼稚園児のママ☆

◇お家でお勉強~ママが先生!

◇節約貯金deゆとりのマネーライフ

◇子どもの教育費・授業料

やっぱり好き MUJI 無印良品

100円ショップ L O V E

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ