もし子供が「大学に行きたくない!」と言ったらどうするか?~「先に生まれただけの僕」を見て~

土曜22時からやっている「先に生まれただけの僕」というドラマをたまに見ています。

ドラマとしては、これはいいの?と突っ込みたい部分もあるけれど、第8話は希望が持てる終わり方で良かったな~って思っています。

 

今日はドラマの話(ネタバレ含む)と自分の感想を書くので、興味のない方はスルーして下さい。

 

※※※※※※※※

 

今回は、クラスでも成績が上位だった男子生徒(高校2年生)が、プロ騎士を目指すため高校も辞め大学も行かない!と言い始める。

しかし、才能はあるけれど、タイムリミットがあるためプロ騎士になれる可能性は極めて低く、良い大学を出て良い会社に就職することを望む両親に反対され・・・というお話です。

 

なんかこれを見て、こういう話って意外とあるかもな~という印象です。

良い大学を出て良い会社に就職してほしいって思ってるって誰のこと?

えっと、私ですか?

いやいや、親は誰だってそうなればいいなって思ってますよね。(違ったらごめんなさい)

 

じゃあ、自分の子供だったらどうするだろうなと思って、ドラマの結論が出る前に夫に話をしていたのが、

・親は、子供が本気でやりたいことを見つけたのなら、未成年のうちは手助けをする必要がある。

・実現できる可能性が低い事・将来苦労するかもしれない現実は必ず伝えなくてはいけないこと。

この二つを行わなければいけないのかなと思ってて、それと同時に、

・子供は、親に養ってもらっている間は「自分で親を説得しなければいけない」、「やりたい!やりたい!と駄々をこねるのは小さい子がするもの」、「親を納得させられるだけの材料(学校の成績やその夢の努力)は持っていなければいけない」

 

ということを、CM中夫に熱弁していたら、

うざがられた!!

「もう、CM終わるから、うるさい。」

だって~。

ちなみに夫は、子供がプロ棋士になりたいって言ったら反対だそうです。

 

まぁ、そんな話はどうでもいいんだけど、話の結末は自分と同じ考えだったのでスッキリしました。

そうだよね、子供が本気でやりたいと言い出したら親は反対することはできないだろうな。(危険なことや人に迷惑をかけることはダメだけど)

だけど、うちは「大学行って就職した子と同じ22歳までしか面倒はみない!」と言うだろうな。あとは、自由にアルバイトでもしてやりたいことをやってね!と。

夢や希望をかなえるために努力できることはとても素晴らしいこと。

でも、自分で自由に選択するということは、それだけ自分の人生に自分で責任を持つことだということは子供に伝えていきたい。

失敗しても後悔しても、ちゃんと歩んでいける力を持ってほしい。

親にできることってたいしたことじゃないんだろうな。

将来高く飛べるように下地を作ってあげることが親の役目なのかなと思ました。

 

 

参考にしているテーマです

◇まずは、種まき~子供の習い事~

子供を賢くする方法

◇小学生&幼稚園児のママ☆

◇お家でお勉強~ママが先生!

◇節約貯金deゆとりのマネーライフ

◇子どもの教育費・授業料

やっぱり好き MUJI 無印良品

100円ショップ L O V E

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ