『床暖房代』って高いの!?凍えそうなので『寒さ対策』を真剣に考える。

 

こんにちは。

最近雨ばかりですね。ちっとも洗濯が外に干せなくてイライラしてきました。

我が家は、外干しできない日は割り切って浴室乾燥にしています。

4時間で4人分の洗濯が乾くので楽ちん。

いつもガス代が・・・と言っていますが、これだけ雨が続くと強力なガス式浴室乾燥のありがたみが分かります。

 

でもね、そうは言ってもガスの明細がきた時に、一人で「ひぃーーーっ」と倒れそうになるので、そろそろ冬場のガス代削減を真剣に考えてみました。

冬のガス代最高額は16,569円

 

我が家のプロパンガス代はこちら。

 

f:id:machikonosetuyaku:20171025102654j:plain

昨年の11~3月まで床暖房を使っていました。

冬になると、お風呂のお湯を沸かすのにも余分にガスを使うので金額が高くなりますが 、今回は純粋に床暖だけを考えたいと思います。

 

床暖を使っていない(給湯にも余分にガスを使いはじめている)10月の8,937円を一番床暖を使っていた12月の16,569円から引くと、7,632円です。

これが、冬場の床暖代になります。

 

できればこの8,000円弱の床暖代を半分ぐらいにしたいなと考えています。

 

 

 過去記事です↓

www.machikonoie.com
www.machikonoie.com

 

 寒さ対策その1:着る毛布を買う!!

 

床暖よりも光熱費が安く寒さ対策ができるものとして、こたつやホットカーペットが候補にあがっていました。

しかし、こたつ大好きっ子の上の子が、確実に「こたつ虫」になる&我が家のリビングのテイストに合わないということで却下。

またホットカーペットも床暖があるのにね・・・と思いナシに。

 

そこで、光熱費はかからず初期投資だけで暖まるものに注目しました。

 

それは、着る毛布!!

 

こんな感じのものです。

 


 

 

現在、朝リビングに集まった夫+子供二人はそれぞれ毛布にくるまっています。

ただ、朝食をとる時に毛布に包まることはできず、「寒い!寒い!」と言っているのでそれならば着る毛布はどうかなと思ったのです。ただ、この着る毛布にもメリット・デメリットがあります。

 

メリット

・初期投資のみで光熱費がかからない

・どこへでも移動できる

・暖房器具などで行われる暖かい場所の取り合いがない

 

デメリット

・移動はできるがトイレや家事などがしにくい

・子供はこれを着て遊ぶのと危ないかも!?

・食事の時にも使うことを考えると汚れるかも!?となると洗い替えが必要?

 

という感じでしょうか。ひとまず、日中家にいる時間の長い私の分を購入して様子を見てみようと思います。

 

寒さ対策その2:電気毛布を買う!!

 

これその1と被りますが、夫用に電気毛布はどうかなと考えています。

うちの夫、夏はすぐに「暑い!エアコン付けよ!」冬はまだ10月なのに「寒すぎるよ~。床暖つけようよ~」と言う、暑がりなのか寒がりなのかどっちかにしろ!と言いたくなる人。

かつ、寒いと言いながら家の中で靴下とか重ね着とか絶対にしない面倒臭がり屋。

そんな人が着る毛布を使うのかな~と疑問なので、ソファ用に電気毛布を使ってはどうかなと思っています。

 

どうしても、夫が帰ってくるのが遅くて床暖使用時間が長くなるので、夫が夕食を食べ終わったら床暖を消して電気毛布にしてもらうのもアリかな。

ただ、電気毛布は電磁波がちょっと怖いなぁと思ってて。

子供には使わせたくないので夫のみです。(夫ならいいのか!?むむむ・・・)

 

一応考えているのは、こんな感じ。


 

 ちょっと値段が高いけれど、色と肌ざわりが良さそう。

1時間1.5円だって。すごいわ!!

 

まとめ

 

今はいろんな暖房器具が出ていますね。ただ、快適性をとると光熱費が上がり、光熱費を下げようと思うと、快適性がなくなってしまうものです。

どちらを取るのが正しいかは人によりけりですが、去年は快適に過ごす方を実験してみたので今年は光熱費を下げる方でやってみたいと思います。

両方やってみて、自分たちに合ったやり方を見つけられたらいいです。

 

でもね、やっぱり寒いなら「靴下はきなよ!!」と夫には言いたいです!!

 

<参考にしているテーマです> 

にほんブログ村テーマ
電気料金・ガス料金・水道料金

節約貯金deゆとりのマネーライフ

節約生活 

◇家計簿*お金事情*◇

家にまつわるお金の話

収納・片付け

子どもの教育費・授業料

やっぱり好き MUJI 無印良品

100円ショップ L O V E

 

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!

 


にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村