【成績アップへの道!!】子供と親の成績を比べたらある事実が浮かび上がってきた。

 

昨日、公立中学校の内申について記事にしました。

 


なんか偉そうな内容になってないか心配しつつ・・・

これをアップしたら、やはり子供の通知表がどんな感じなのか気になりますよね。

 

上の子の通知表(3段階評価)は、親から見た感じだと、

 

このままではダメでしょ!!

 

と思う内容です。決して悪いわけではないけれど、もっと上げていかないと

いけませんね。果たして親が少し介入して通知表が上がるのかは分かりませんが、

昨日の記事の内容やまだまだ自分の子供の成績が上がると思っているのには、

理由があります。

 

 

実は、GWに実家に帰って押し入れを整理した時に、自分の小学校~高校生までの

通知表を見つけたんです。

子供も小学生なので、自分はどんな感じだったのかな~と思って見てみたら、

意外な事実を知ってしまった。

 

それは、自分は小学校~中学校まで優等生だと

思っていたら、

実は、小学校低学年は今の上の子と変わらない成績

だった!!

 

ということ。本当、自分の記憶って適当ですね。(恥ずかしい・・・)

 

でも、転機は小学校4年生でした。

この辺から、4年生 ホップ

      5年生 ステップ

      6年生 ジャ~~ンプ

と上がっていました。

 

私、思い出してみると、小学校低学年の頃はかなりの活発女子でした。

末っ子だったので親からもほぼ干渉(勉強しなさいとか)されることなくて、

やらなくちゃいけない勉強はやってたけれど、真面目だったかというと謎ですね。

 

だけど、4年生ぐらいからぐぐっと精神年齢が高くなり、いろんな周りの状況が

分かるようになってきました。元々負けず嫌い、年齢の近い兄妹がいたことで、

早くから数年後の自分の置かれる環境が想像しやすかった、というのが良かったの

だと思います。

 

そういうことを考えると、上の子もまだまだ上がる可能性は

十分あると考えています。

小学校低学年のうちから、性格が真面目・コツコツと努力し、成績も優秀で、

ぶっちぎりのトップで走っていく子もいますが、精神年齢が上がるタイミングで

成績が上がる子もいます。でも、それには家庭学習で基礎をしっかり押さえ、

花が咲けるように土台を固めておく必要があります。

 

ただ、上の子の問題は、

・集中力がない

・注意力散漫

・ガッツがなさすぎる

・運動が苦手・・・

 

ということ。自分の意見を言うことはできるし、知的好奇心は旺盛で、

勉強もそこそこ楽しんでやってるのでいいのですが・・・

集中力がない・注力散漫というのは、もう通知表の内容がイマイチなのは

必然ですね。この辺が課題なので、日頃から子供に伝えていかなければ

いけないと思っています。

 

参考にしているテーマです。

にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習へ
小学生の家庭学習

にほんブログ村テーマ 小学生&幼稚園児のママ☆へ
小学生&幼稚園児のママ☆ 

にほんブログ村テーマ 子どもの教育費・授業料へ
子どもの教育費・授業料

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!

 


にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村