公立中学校の内申を上げる7つの方法。全ては○○○で決まる。

 

公立中学校から高校受験をする場合、中学校の内申点というものが非常に重要になってきます。

 

この内申点ってどうやったら上がるのでしょうか?

 

今日は、中学校時代優等生で内申も良かった(オール5に近かった)私がどうしたら内申が上がるか考えてみます。

 

※注意※

私は教育関係者でもなく、中学生の子供もいません。

自分の実体験(当時、相対評価 現在、絶対評価)を元に、内申が上がる方法を書きます。間違いがあったらすみません。

こんな考えの人もいるんだなぁと思いながら読んで頂ければうれしいです。

 

 

 

個人的には、公立中学校の内申が上がるかどうかは、

小学校の通知表でほぼ決まると思っています。

 

小学校の通知表がそのまま中学校に影響するのではありません。

小学校5~6年生までに通知表の内容(3段階評価 ◎、○、△とかで◎がいくつあるのか)が良くない子は、中学校に入って内申が劇的に上がる!という可能性は低い。

(もちろん、いないわけではありません。可能性が低いということ)

 

逆を言えば、小学校高学年に通知表の成績が良い子は、中学校の内申点もよほどの事がなければ、そのまま良い成績になる可能性が高い。

 

なんか当たり前なことを書いていますが、要は、低学年まで通知表が芳しくなくても、小学校5~6年生までに上がれば中学の内申も良くなるかもしれない!ということ。

 

特に、小学校低学年までは、性格・性別によって落ち着きのない子、テストでケアレスミスをしやすい子、忘れ物が多い子、不真面目な子は一定数いると思います。

そういう子は、どうしても通知表の内容は悪くなってしまいます。でも、それを低学年だから仕方がないわ~とほったらかしていると、中学校で大変なことになります。

 

 

じゃあ何をしたらいいのか。

 

それは小学校で習う基本的なことを身につけること!!

 

①人の話を良く聞く(授業中の態度)

②自分の意見を積極的に発表する(挙手・発言)

③授業中私語をしず、落ち着いて授業を受ける

③忘れ物をしない

④ノートをきれいにとる(中学では板書にない+αの内容など)

⑤宿題や課題を丁寧に期限までにやる

⑥苦手な科目も一生懸命取り組む

⑦友達と仲良くする(リーダーができればなお良し)

 

この7項目とテストをほぼ満点(9割以上)とること。

具体的にはもっといろいろやり方がありますが、今日は簡潔に書きました。

 

これができていれば、よほど担任と相性が悪くない限り通知表の内容も良いはず。

 

この項目は中学の内申点にも通じてきます。

中学で内申の良い優等生は、もうこの辺が小学校時代に当たり前にできる子たちなんですよね。

そういうことができる子たちに、のんびりした上の子は太刀打ちできないでしょう。

心配すぎる・・・

 

そして、優等生ってどんな子かというと、ただ勉強ができて真面目な子ではなくて、

 

自分が何をしたら良いのか、

状況を見ながら判断し、行動できる子

 

だと私は思います。重要なのは、思うだけでなく行動に移せるか。

だから、よく優等生の子たちを見て、先生に好かれるように~という人がいますが、どちらかというと計算よりも素でやってる子の方が多いかなという印象です。

(そこで評価が左右されるということはないと思っていますが・・・)

 

中学に入ると生活や友人が変わります。勉強も難しくなり部活の時間も増える。

そんな忙しく、反抗期真っ只中の子供に内申の話しをしても素直に聞き入れてくれるとは思えません。

中学に入ってから内申を意識し始めても遅すぎるのです。

 

なので、我が家はまだ親の言うことを少しでも聞く間に、7項目の重要性を伝え、ノートの取り方、宿題のやり方、忘れ物をしないように見届ける・やり方を教えるなどをやっていく予定です。

 

そして、これもまた内申を良くするために

・部活に入らなければいけない

・生徒会や学級委員をやるといい

と言われることがありますが(加点される地域もあるようですが)、ベースを怠っているのに、上記のことをやったとしてもあまり効果がないと私は考えています。

 

<参考にしているテーマです>

にほんブログ村テーマ
節約貯金deゆとりのマネーライフ

節約生活

家にまつわるお金の話

子どもの教育費・授業料

小学生&幼稚園児のママ☆

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村