小学生のお小遣い。一石三鳥のこんな方法。

 

        f:id:machikonosetuyaku:20170720110718j:plain

小学生になるとお小遣いを子供に渡している家庭も多くなってきますね。

我が家は、まだ子供にお小遣いを渡していないのですが、

いつからやり始めたらいいのか悩み中です。

 

お小遣いを渡していない理由

 

友達同士で買い物に行ったりしない

・かけ算、割り算までできるようになってからの方が、お金のやりとりがスムーズ

 かもしれない?と思うから

・必要な物は親が買ってあげているから

・こんなの買ってどうするの?っていう物を買ってきたら、文句を言って

 しまいそうだから

 

という理由からです。

子供も「お小遣い欲しい~」ということもありますが、

本人が買いたいと思う物が、とてもお小遣いで買えるレベルじゃないんです。

物の値段を知るという意味では渡すのもありかなと思っています。

 

 

お小遣いを渡すメリット

 

・小さい頃から自分でお金を管理する習慣をつける

・物の値段や価値などが分かる

・計算の練習になる

・まだ少額のお小遣いならば、使いすぎて失敗しても困らないから。

 この頃に使い方を学べば大人になってから失敗することも少なくなる

 

というメリットがあります。

特に、夫が全くお金の管理ができなくて、あればあるだけ使ってしまう人

なので、子供にはしっかりお金の教育をしたいと思っています。

ある程度の年齢から渡せば、子供のお金の使い方の傾向(散財派・貯め込む派)

が分かるし、親もダメなら違うお小遣いの渡し方もできます。

 

 

<節約>自分たちの食べるお菓子を管理してもらう

 

ちょっと今考えているのは、毎月かかっているおやつ代をお小遣いと

して渡し、自分で管理し自分で買ってもらうという方法。

もし、普通にお小遣いを渡すとしたら、1ヶ月に200~300円だと

思うんです。(うちの場合)

だけど、それで買える物って限られますよね。

お金の計算や管理の勉強をさせたいなら、もう少し大きい金額に

しないと分かりにくいかなと。

 

今、週に1回200円ぐらいの袋菓子を買って遊びに行くときや

習い事の後に食べたりしていて、週末に100円ぐらいのアイスを

1つ買っています。(あとは、おにぎり、冷凍したホットケーキ、

かき氷などを食べています)でも、結構「おやつ欲しい!」攻撃に

負けて余分に買ってしまうことがあり、食費増加の原因に。

 

なので、200円×4回=800円 100円×4回=400円 で、

毎月1,200円渡して自分でおやつを買ってもらい、

母はおやつを買わないというスタイルにしてもいいかな。

 

1,200円はどうやって使ってもいい。お菓子を買わずに欲しい物を

買うのもありだし、安いお菓子で我慢するのもあり。

 (※追記)やっぱり1,200円は多いから、1,000円ぐらいかなと悩み中。

下の子の分も含めてか、お小遣いも一括で渡すのか、週一で渡すのか

まだ考え中です。

 

今は、母が買ってくれると思ってあればあるだけ食べてしまうから、

お小遣い制にすれば自分で量もコントロールするはず。

 

なによりも、おやつ買って!!っていう

うるさい言葉から母は解放される。

 

お菓子の管理不要、節約に貢献、お金の勉強にもなる。

一石三鳥の素晴らしい案だと一人で自画自賛です。(すみません、低レベルで)

 

夏休みが入るので、始めるのは9月からかな~。

導入したら、またお小遣いについて報告したいと思います。

 

参考にしているテーマです。

にほんブログ村テーマ
節約貯金deゆとりのマネーライフ

節約生活

家にまつわるお金の話

子どもの教育費・授業料

小学生&幼稚園児のママ☆

 

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!

 


にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村