「離婚」という言葉を覚えた子供に、うろたえずこう答える

 

先日、小学生の上の子と話しをしていたら、ひょんなことから

「離婚」という言葉が上の子から飛び出してきた。

 

内心驚いたけれど、冷静を保ちつつ、

母「どんな意味か知ってるの?」と聞いたら、

子「結婚した人が別れること」と答えた。

 

あってるじゃん!!どうやら図書館で借りてきた児童書に書いてあったらしい。

その本の主人公のお父さんとお母さんは、離婚しているっていう設定のよう。

 

そうか、いろいろ本を読んでればそういう知識もついてくるのね。

テレビのワイドショーでもやってたりするから、これから聞かれることも

多くなってくるんだろうなと思いつつ・・・

 

母「離婚っていうのは、本の世界だけではなくて、

  どこの家庭でもおこりうることなの。

  夫婦や家族っていうだけで、一緒に住んでるだけで、

  いつまでも仲良しでいられるわけではないのよ。

  相手に対する思いやりや感謝の気持ちがなければ、

  うちの家だってどうなるか分からないんだよ。」

 

と思いつきで切り返してみた!

子供は「えー!?」って逆に驚いていたけれど、

自分で言ってみて本当にそうだなって思った。

 

最近そういうことが多くて・・・

歳を重ねると、自分のやってることを注意する人やもっとこうした方が

いいよって言う人は少なくなってくる。働いていれば、少しはその機会も

あるかもしれないけれど、仕事以外の事を言う人なんて誰もいない。

 

そう思うと、今子供たちに向けて言っている言葉は、

自分に向けての言葉でもあるのかな~なんて思う。

「早く起きなよ~

「早くご飯食べなよ~」(←これはないか)

「勉強しなさい!」

「やらなければいけない事は後回しにしない!」

「努力すれば、なんだってできるんだよ!」とか。

 

子供たちに言いながら、自分の行動も改善しなければいけないな。

そんなことを考えさせられた一日でした。

 

ただ、「不倫」という言葉は、まだ何と返答していいのか分からないので、

しばらくは覚えてほしくないなと思うのでした。

 

参考にしているテーマです。

にほんブログ村テーマ
節約貯金deゆとりのマネーライフ

節約生活

家にまつわるお金の話

収納・片付け

子どもの教育費・授業料

 

 

☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

お帰りの際にポチッとおして頂けると更新の励みになります!

 


にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村