教育資金のかけ時とは?~家庭学習が行き詰まった時はこれを見て踏ん張ることにした~

 

 

我が家には子供が2人いますが、最近子供ってとてつもなくお金のかかる

生き物だなと感じます。

まだ、子供たちが小さい時は食事やおやつの量も少なかったし、

学校・幼稚園・習い事などにもお金がかからなかったけれど、

今では大人並みに食べるし、教育費や被服費、あと交際費なども

かかるようになり、めまいがしてきます。

 

うちは、まだ習い事は1人1つと決め、学習は家で母が教えるというスタイルを

とっていますが、周りの教育熱心な家庭は幼稚園から公文や学研などに

通わせているところが多いです。

そんな様子を見ていると、たまに楽な方に逃げたくなるときもあります。

 

 

家庭学習はうまくいくときもあれば親子で辛いときもある

 

f:id:machikonosetuyaku:20170531075513j:plain

母が子供に勉強を教えるのは良い時もあれば、悪い時もあります。

なかなか勉強に集中しない、テレビを見たい!お腹が空いた!

こんなにもやりたくない!など、

母には甘えたりわがままを言ってきたりするのです。

 

また、歳の近い下の子がいると、○○だけ遊んでいてずるい!とか

言うので、下の子にも同じようにプリントを出しやらせています。

でも、そのプリントの内容も「簡単すぎる!」「そこが間違っている!」と

口を挟み、結局喧嘩になって勉強が進まないことが多々あります。

 

これって兄妹あるあるなのでしょうか・・・

私もイライラしやすいので怒鳴ってしまい、良い勉強方法はないかと

毎日悩んでいます。

そんな時に、公文に行っているお友達の話を聞くと、お金をかけて

楽な方に行きたい気持ちがわいてきてしまうのです。

 

 

実際、公文に通わせたらいくらかかるのか?

 

今回は公文の内容や学習方法の善し悪しは抜きにして、

実際通わせたらトータルいくらかかるのか計算してみました。

 

幼稚園の年長さんから小学校6年生まで7年間、算数と国語の

2教科を受けた場合(1教科6,480円)

 

6,480×2(教科)×12(か月)×7(年)=1,088,640円

 

ということに。

これ、1人ならまだしも上の子が通い始めたら下の子も行くことになる

可能性が高いので、2人で2,177,280円

 

毎月払っていたら気にならないのかもしれませんが、

結構な金額ですよね。 

こんな大金うちには払えません・・・

 

中学生・高校生になったらそれこそ塾に行かなければいけなくなるので、

その時までやはりお金をかけるべきではないなと、

計算して改めて分かりました。

 

ちょっと家庭学習が上手くいかなくても、この金額浮かせているのだと

思って頑張らなければいけないですね。

 

 

教育資金のかけ時はまだ先。今は、学習の土台を作る時。

 

我が家は、やはり教育にお金をかけるのは中~高生の塾代と

大学の学費になりそうです。できれば、そこもなるべく少なくすむと

いいなと思っているのですが、本人次第ですね。

 

今は、学習の土台を親子で作ることを重視していきたいです。

家庭学習の良い所って、母が子供の得意・不得意を理解して

どうやったら効率良く学習できるか、取りこぼしがないかなどを

見てあげられる、完全なオーダーメイドであることだと思っています。

個別学習の塾や家庭教師もありますが、子供の体調や精神面まで

理解して進められるのは母(又は父)しかいないのではないでしょうか。

 

また、ただ教えたり課題を与えるだけでなく、最終的には

自分自身の力で考えて学習できるように、少しずつ手を離していく

必要もあります。できれば、小学校4年生になったら手を離していき

たいと思っていましたが、上の子は精神年齢が低すぎて・・・

小学校6年生にはなんとか自分の力でやれる子になってほしいと

思っています。

 

あとは、中学で内申点がとれるように、生活習慣・学習態度を

チェックし見直していくことに力を入れていく予定です。

 

この「中学で内申点をとれるようにする」というのは、

ちょっとした思いがあるので、時間があればまた記事にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 ☆最期までお読み頂きましてありがとうございました。